コラムcolumn

お正月明けの乳房トラブル

無題2

あけましておめでとうございます。

今年も宜しくお願いいたします。

さて、お正月はいかがお過ごしでしたでしょうか?

育児中のママ達にとって、暮れの大掃除から、クリスマス、年越し・お正月のおせち作りまで本当に忙しい日々が続いた事でしょう。

あいさつ回りも終わりホットして、ちょうど風邪などひきやすい状態ではないでしょうか?

どうぞ、ご注意ください。

そして、美味しい物を食べることが続く今が、母乳にとってもトラブルになることが多い時期のように思います。

何より、疲れている時は風邪など体調を崩しやすいので、母乳にとっても危険な時です。

忙しい時、食べ過ぎた時、疲れている時、うっ滞性乳腺炎を起こしやすいのです。

『風邪症状が無いのに急に熱が出た』などは乳房の確認をお願いいたします。

圧をかけて痛いところはないですか?

硬いしこりなど触れませんか?

たぶんそれは、母乳の残りが原因で起こった症状ではないでしょうか?

しっかり手で圧をかけて残らないように授乳しましょう。

乳首のゆがみ飲みや、浅い飲み方は母乳を残し、乳首の痛みやトラブルを起こします。

また、授乳の際の抱き方も大切で、硬い手首では上手に授乳できなかったり、手首の痛みの原因にもなるので注意が必要です。

軽い症状の時にご相談頂けると、回復に時間がかかりませんが、重傷になればなるほど時間がかかります。

不安のある方は、どうぞ早めのご相談をお願いいたします。

❤武蔵小金井のグリーン助産院 菅井❤

コメントを残す