コラムcolumn

3月のヨガ終了しました

3月23日(金)曇り

今回は初めての参加の方が多いヨガでした。

ヨガ終了後のアンケートでは
・久しぶりに体を動かし気持ち良かったです。
・子どもを見てもらえるので気兼ねなく参加できて良かったです。
・ヨガの回数をもっと増やして欲しいです。
・毎回体の血の巡りが良くなりとてもリフレッシュできます。
・来月から仕事が始まるので今回で最後なのでとても寂しいです

生後2ヶ月ごろから参加し始めお子様が成長すると当院のヨガ教室を卒業していきます。卒業は寂しいですが、ここで新しいママたちの繋がりができて楽しんでいる声を聴くたびに本当に嬉しく思います。
これからも微力ながら、ママたちの笑顔作りのために場を提供していきたいと考えております。

全2回ベビーマッサージ第2日目終了しました

3月16日(金)曇り

昨日は5月の陽気で半袖の方も見られるくらいでしたが、
今日は朝から曇り空で今にも降りそうです。

2回目で慣れたのか、ママたたちも笑顔でお子様たちもみんな静に時間通り始めることができました。
また、前回のマッサージの後は良く寝てくれましたと何人ものママたちの感想をいただきました。
お家でも出来る範囲でベビーマッサージを続けていただきたいと思いました。

今日は復習も兼ねて、前回より少しスピードアップし全身のマッサージまで行う事ができました。
前回参加できず今日初めてのママもしっかりできたようです。
お子様たちみんなママの顔を見ながら嬉しそうな反応でした。

マッサージの後は授乳時間をとり、順次頭囲、胸囲、身長、体重を量り、平行して、ママのハンドマッサージも行いました。

その後、手作りのローズアップルパイをいただきながらお茶会をしました。
ママたちの悩みなどにも対応いたしました。

最後はどのママたちも笑顔、お子様たちも静に寝そうな状態でお帰りになりました。

ママたちの笑顔と優しい寝顔に癒やされ全2回のベビーマッサージが全て終了いたしました。

次回のイベントは4月13日(金)離乳食相談会です。
楽しみにお待ちしております。

 

ベビーマッサージ第1日目終了しました

3月9日(金)晴れ

とても気持ちのいい天気でした。
皆さん初めてのベビーマッサージでママもベビーも少し緊張気味でしたが、自己紹介からお歌に合わせ手遊びなどをする中でママたちにも笑顔が見られる様になってきました。

歌と手遊びで楽しんでいるうちにオイルテスト済ませ、どの子もアレルギー反応も見られず大丈夫でした。

いざ、ベビーマッサージの始まりです。
手順の説明とお子様の名前を入れたリズム歌に合わせマッサージを行いました。
初めて沢山のお友達に会ってか興奮気味のお子様から、静に最後までマッサージを受けられた子まで様々でしが、今日の予定になっている両足のマッサージを無事終了する事ができました。

次回は両足から全身をマッサージする予定です。
気温差の激しい季節ですので体調管理をし、次回も楽しみにお待ちしております。

2月のヨガを終えて

2018年2月16日(金)晴れ

毎月第4週の金曜日にママとベビーのヨガ教室を開催しておりましたが、今回は第3週の開催とさせていただきました。

朝から気持ち良く晴れておりました。冷たい風は吹いているものの、日差しは少し春の気配を感じます。

 

当日は皆様笑顔で参加されました。

いつも通り、ヨガインストラクターの佐藤七慧さんがヨガの指導をいたしました。

時には泣いているお子様を膝に乗せポーズをとったり、オッパイ欲しそうな時はその場でオッパイをあげていただいたり、それそれのお子様に対応しながらのゆるいヨガ教室です。

 泣いてばかりのお子様には栄養士の田代ますみさんが子守を担当します。抱っこされると物の見事に寝入ってしまいます。

アンケートでも

『子どもを見てくれて安心してできました。』

『リフレッシュ出来気持ち良かったです』

『初心者でも気持ち良く体を動かせて良かったです』

『また、参加したいです。』

『先生方との雑談も育児のアイデア満載でためになっています』

など毎回いいお声をいただいております。

また、この様なな子守のサポート付きのヨガは少ないとママたちの間で好評です。

お値段もおてごろとの評価も得ております。

 しかし、今回もキャンセル待ちの方が何人かいたものの、キャンセルの連絡が遅かったため、キャンセル待ちの方にご迷惑をおかけいたしました。今後はキャンセル待ちの方に余裕を持ってお越しいただけるよう配慮したいと思います。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

卒乳と断乳について

新生活のスタートである4月にむけて当院でも「卒乳」や「断乳」相談が増えてきました。 その中で「卒乳」は自然にお子様が母乳から離れた状態、「断乳」はママの都合で母乳育児を辞めることと、使い分けている方が多いように感じます。
言葉の印象から「卒乳」=良いこと、「断乳」=悪いことと言うように使われ、今やあたりまえの様に使い分けられているようです。しかし、それは今の日本では当てはまらない区別だと感じています。

最初に「卒乳」という言葉が出てきたのは40年前位からで、「断乳」という言葉しかなかった頃に「断」というきついイメージではなくソフトな言葉がないかと出されたのが「卒乳」という言葉だったと言われています。つまり、その当時は「卒乳」も「断乳」も「母乳を吸わせることをやめること」として同じ意味で使い始めたのです。

そのため当院では『直接母乳からの卒業』はすべて「卒乳」という言葉を使うようにしております。

また、授乳が負担となり「卒乳」を考えているママに対して、当院ではどの時期であれママの希望を優先してお手伝いをいたします。
30代の初産婦が多く、核家族で育児と仕事、家事、夫の協力を得られないママが増えている中、「卒乳」する事により育児の負担が軽減し、心身ともに余裕が生まれ笑顔が出てくれば、それが親子関係だけでなく夫婦関係にも良い影響があると期待されます。

ママは家族の太陽。何より笑顔が大切です。いつも明るく輝き、家族を照らし続けて欲しいと願います。

“失敗しない「卒乳」”のためには、始める前の心と体の準備が大切です。また「卒乳」後のトラブルに関しても回避のための自己管理法についてお話しいたしますので「卒乳」前にお気軽にご相談ください。
また、授乳を継続したまま負担を軽減させるためのサポートなど、あらゆるママたちの「笑顔育」のお手伝いをいたします。

グリーン助産院では、“笑顔で行う育児「笑顔育」”を応援いたします。

1月のヨガを終えて

2018年1月26日(金)晴れ

先日の雪がまだあちこちに残り、日差しがあっても寒い日でした。

ご予約頂いたお子様がインフルエンザで欠席となり、少ない人数で行いました。

ヨガの導入ポーズから、少しハードなポーズ、

最後は深呼吸と一連の流れに沿って行いました。

アンケートでは

「肩こりが楽になった」「すっきりした」「体がほぐれた感じ」と効果があったようです。

ヨガ終了後のおしゃべりも楽しめ、

短い時間のヨガですが、皆様の笑顔の時間を共有出来たようです。

インフルエンザが猛威をふるっているおり

くれぐれも健康管理にご留意くださいませ。

【今後のイベント情報】

2月16日(金)ベビーとママのヨガ教室

3月9・16日(金)ベビーマッサージ教室

3月23日(金)ベビーとママのヨガ教室

4月13日(金)離乳食何でも相談会

小金井 グリーン助産院 菅井

12月のヨガ終了

H29年12月22日晴れ

朝晩厳しい寒さがが続いておりますが、当日は雲一つない青空でした。
風邪が流行っている時期でしたが、皆さん元気に参加下さいました。

今回初めて参加された、月齢が小さいお子様のママに、
「なつかしいねぇ~。こんな小さい時があったね~。」
と数ヶ月先輩のママたちから声をかけられていました。
たった一ヶ月で乳児は大きく成長するのがわかります。

当院でのヨガを数ヶ月続けて参加下さっている方の中には、最初は身体が硬く大変そうだったのに、 数回続けているだけで他の方よりピシッとポーズが決まる様になった方もいます。
月一回だけのヨガですが継続をして成果が出たとご本人も喜んでいらっしゃいました。
可動域が広がると血流も良くなりダイエット効果でだけではなく、免疫効果も高まるそうで、参加者の中には「なんだか風邪もひかなくなりました。」とおっしゃる方もいました。

今回初めて参加いただいた方は、最初は緊張されている様にも見えましたが、ヨガして身体を動かしていくうちに力が抜けてきたように見えました。
ご本人もリフレッシュできたと笑顔でお帰りになられました。

今年一年間、グリーン助産院のイベントのご参加頂きありがとうございました。
来年もママたちの憩いの場になるようイベントを企画したいと思っておりますので宜しくお願い申し上げます。

ご家族皆様がお健やかに過ごされますことをお祈りしております。
どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。

武蔵小金井 グリーン助産院 院長菅井

風邪と乳腺炎の違いについて

12月に入ると何となく忙しい気持ちになってくるのは私だけでしょうか。
主婦にとっては、忘年会、お歳暮、年賀状、大掃除、クリスマス、お正月の準備などと考えただけでも落ち着かない感じです。仕事を持っているママたちにとっては尚のことでしょう。
このように忙しい時は、いつも通りのことが出来なかったりします。例えば水分摂取や授乳です。“きりの良いところまで”と、つい頑張ってしまったりしませんか?
この様な忙しい時には、乳腺炎が起こりやすいと言われています。
例えば、急に熱が出て内科を受診したが「風邪ではない」と言われ、その後乳房の痛みに気がつき助産院を受診するといったことがあります。まず、内科を受診する前に風邪症状など内科的な症状があるかを確認しましょう。それは、「のどが痛い」「鼻水が出る」「咳がでる」などの呼吸器系の症状があるか、嘔吐・下痢など消化器系の症状があれば内科受診をおすすめいたします。
授乳中のママの場合は「発熱」「頭痛」「倦怠感」のみの自覚でも、実は乳腺炎だったというケースがよくあります。内科を受診する前に乳房の痛みがないかを確認する事が大切です。
乳房の痛みも、じっとしていても痛むものから圧迫しないと痛みを感じないものまであります。痛みや熱の出方も、乳房の痛みの後に発熱する人から、発熱の後に乳房が痛み出す人まで様々です。
痛みを感じていない人も自己確認をしましょう。痛みの自己確認の方法は、授乳後に肋骨と乳房の付け根の所を時計の12時ー6時方向や9時ー3時方向など、乳首を中心に対角線上に圧迫し痛みを感じるかどうかを確認してください。
少しでも痛みを感じた時には助産院の受診をおすすめいたします。自分一人で頑張ろうとせず症状の軽いうちに正しい処置を受けるようにしましょう。
忙しい時こそ、周囲の協力を求め、無理なスケジュールを避け、水分摂取や授乳を怠らず乳腺炎にならないよう注意が必要です。

些細な事でも結構ですので、気になることがあればお気軽にご相談ください。

小金井市の助産院 グリーン助産院

クリスマス親子手遊び教室終了

12月13日(水)晴れ

毎年もグリーン助産院のクリスマス親子手遊び教室を開催いたしました。
講師は助産師・保健師・手遊びアドバイザーの平田かおりさんです。

最初は、自己紹介からです。
お子様のお名前と月齢を歌に合わせて紹介していきました。

その後は、ママとお子様の歌と手遊び。
皆さんが笑顔でなじんだ所で今年はブラックライトなしのパネルシアターを行いました。
みんな静に食い入るように歌とお話しに見入っていました。

パネルシアターの後は牛乳パックで作るポンポンのような音の鳴る球体のお工作をしました。
ママたちも、「中々おもちゃ作りをしたことがない」などとおしゃべりしながら、思い思いの色を作っていきました。

作った後は振り回したり転がしたりして遊ぶ子、球体の中の音がなるプラスチックケースを取り出そうと四苦八苦している子など、それぞれの楽しみ方で遊び初めていました。

工作の後は親子ダンスです。
子供たちはキャッキャ声をあげて楽しんでいました。
音楽に合わせてハーハー言いながら親子ともに楽しんでいました。

手を使い身体を使った後は、簡単手造りケーキをいただきながらおしゃべりに花がさきました。

グリーン助産院の小さなスペースで、ママたちの笑顔のお手伝いが出来る幸せを頂き、私達も笑顔になりました。

これから暮れの気ぜわしい時期になります。
どうぞ皆様お元気でお過ごしくださませ。

武蔵小金井 グリーン助産院 菅井

11月のベビーとママのヨガ教室終了

11月17日(金)晴れ

朝はとても冷え込んでいよいよ冬支度といった気温でした。
空はとても澄んだ青で、雲が少し浮いていました。

まず、参加者と担当者の自己紹介をして、その後ヨガを始めました。

初めての方も顔なじみの方も、きついポーズの後は

「ふーぅ」とため息をつきながら頑張ってヨガをしていました。

お子様たちも静にママのヨガを見守っているようでした。

アンケート結果でも

”横になって大きく伸びをする機会があり、久々にのびたなぁと思いました。”
”毎回とてもリフレッシュでき色々なことを忘れて過ごせる貴重な時間でした。”
”今日も普段使わない部分をストレッチでき気持ち良かったです。”
”呼吸を意識してできるようになりました。”
”赤ちゃんをあやして下さるサポートの方がいらっしゃりとても安心でした。”

などなど皆さん、いい時間を共有できたようです。

今後のイベントは、

12月13日(水)はクリスマス親子手遊び教室、

12月22日(金)はベビーとママのヨガ教室となっております。

皆様のお越しをお待ちしております。

武蔵小金井 グリーン助産院 菅井