コラムcolumn

新型コロナワクチン二回目を接種終了いたしました

注射看護師

 

今や毎日どの時間帯もメディアでは「コロナ~コロナ」でややうんざりされている方もいるのではないでしょうか。早くコロナを収束させたい思いはみんな一緒だと思います。

やっと、医療従事者の私も二回目の接種を終了いたしましたので、その報告をさせていただきます。

 

ワクチン接種後の反応に関して経過をお知らせいたします。

1回目の接種後の反応は接種した腕の痛みが3時間後に現れ、丸1日でなくなりました。

インフルエンザの時には赤く腫れ上がり4~5日続くのが常でしたが、コロナワクチンは赤くもならず腫れもしない。見た目何も変わっていないのに痛むのが不思議でした。

知り合いの50才代後半の女性医療スタッフは、バットで打たれた程の痛みで、力が入らなかったと言っている人がいました。しかし、ほとんどは一日程度の反応というのは共通しているようです。

 

2回目の接種後の反応に関しましては、私の周りでは年齢で反応が違うようです。

30才代女性のスタッフでは微熱~高熱が出た。

40才代男性二人とも、38度~39度の高熱で辛かったとのこと。

60才代男性は倦怠感がすごく動きたくなかった。うつ病かと思うほどだったとのこと。

70才代女性の方は痛みも何もなく過ごせたとのことです。

この施設での大まかな統計によると若い人ほど反応がでて、「65才以上は反応があまり出ないように思う」とのことでした。全て1日だけの反応とのことでした。

勿論周りには誰もアナフィラキシーを起こした人はいませんでした。

 

さて、2回受けた私は60才代前半ですが、2回目も腕の痛みの他これといって苦痛はなくすごせました。当初から2回目の方が反応が強く出ると言われておりましたので、2回目接種の後は仕事を休むよう計画して万全の体制で臨みました。強い反応がなくほっとしております。

 

やはり未知のワクチンの怖さもありますが、沢山の人がワクチン接種することで「収束」の文字が見えてくると考えます。希望する人が早く接種を終了することを期待しております