コラムcolumn

月別アーカイブ: 2019年1月

小学校4年生いのちの授業

小平第5小

 

市立小学校のPTAからの依頼があり助産師二人で「いのちの授業」を行いました。

校内ではインフルエンザが蔓延し、開催も危ぶまれましたが、無事行うことができました。

講話だけで飽きないようにと、親しい知り合いの妊婦さんを特別にお願いし、胎児の心臓の音と聴講男子の心臓の音との早さを比較してみたりしました。

その他、参加者全員で新生児人形のだっこ体験や妊婦体験ジャケットも着用し、最後には希望者男女一人づつにそれぞれ出産体験もしてもらいました。

体験希望者が多く誰を選ぶかも迷うくらいでした。

子供たちの感想文には、

 

#親はくろうしてうんでくれたんだと思いました。だから命を大切にして生きたいと思いました。

#お母さんたちが一生けんめいうんでくれた命をいままでいじょうにたいせつにしたいと思いました。

#命がどれだけ大切かを理かいしたのでいろいろなことがあってもがんばろうと思いました。

#命はたった一つしかないお母さんのうんでくれたものなんだと思いました。

#先日、命はどうやって生まれてくるかを母から聞いて、こんなに大変な中でうんでくれたんだ、と思いました。今日初めて知ったことも多く母親などの気持ちを知った時、なみだが出そうになりました。

#お母さんや自分ががんばって生まれた命だから、これからも大切にしていきたいと思いました。

#生まれてよかったと思いました。お母さんに生まれた時のことをききたいです。

#この学習をとおして分かったことは、出産するときは赤ちゃんもたいへんなのだということを知りました。

 

など「楽しかった」「よかった」「お母さんに感謝する」との感想が沢山あり伝えたい事は伝わったのかなとほっといたしました。

産後ケアについて

沐浴

 

産後、間もない時には外出が難しいです。

特にインフルエンザが流行っている時期などは、外出を避けたいものです。

そんなママたちのお家に伺い産後のケアをいたします。

授乳も入院中だけでは中々うまくできない事もありますし、

出産後は母乳分泌もどんどん変わり、乳首の痛みなどのトラブルも増える時です。

退院直後、不安のまま育児をしているママたちが多いように感じます。

出産後できるだけ早い時期に不安を解消し、笑顔で育児を楽しみましょう。

 

沐浴のお手伝いや授乳援助、ママの健康相談などのご依頼を承ります。

お気軽にご相談ください。

 

産後ケアは新生児体重測定+授乳相談+乳房ケアが基本セットとなります。

産後ケア(60分)=7000円(往診料含む)

産後ケア+沐浴(80分)=9000円(往診料含む)

(10分毎1000円の延長料金加算があります)

 

乳房トラブル(白斑)について

0241_original2

 

 

授乳中の“乳房トラブル”で一番多いのが乳腺炎です。

その乳腺炎の症状には軽度のものから重度のものまであります。

軽度のものから順にうっ滞性乳腺炎、感染性乳腺炎、化膿性乳腺炎があります。たまにこの中に授乳期炎症性の乳がんが潜んでいることも言われております。(乳がんに関しては症状の経過が思わしくない段階で乳腺外来受診をすすめることで早期に発見できることもあり助産院受診が早期発見につながるとも言われております。)

 

軽度の乳腺炎の前には痛くなる前の乳頭部の白い点で粒状のものがあります。一般に“白斑”と呼ばれている物があります。(医学用語としての白斑とは別もの)

 

これは母乳の出口が十分に同じ圧で吸われていないことが原因で、母乳成分の濃縮した物やカルシウム、脂肪の様な物質、繊維質の紐状のものなどでできているとされていますがはっきりしないようです。

このような白い点ができると乳管が閉塞することが多いです。その後たまった母乳により乳腺炎症状が発症するのは珍しいことではありません。受診時に「つまりました」と授乳ママ第一声の方もいらっしゃいます。これがその症状です。

 

この白い点状のものを作らないようにしたり、できないように授乳することが重要です。

そのためには、ママの姿勢を整えることや、吸う赤ちゃんのお顔の向きや姿勢、赤ちゃんのお口のくわえ方などを正しくする必要があります。

何度も白い点ができても乳腺炎症状にまで至っていない方もいずれママの体調の崩れとともに重症化することも考えられます。軽い症状の時に正しい吸わせ方を学ぶことは、今後の乳腺炎のリスクを予防することにつながります。

成長に合わせ正しい赤ちゃんの姿勢で授乳できるようにましょう。授乳グッズの正しい使い方や正しい姿勢で心地よい授乳ができるようになります。

また、授乳時期により母乳分泌リズムが変わります。母乳分泌リズムの変化を知り乳頭の負担やママの授乳時間の負担の軽減をはかる授乳の方法を学び疲労回復から乳腺炎の予防をしましょう。

 

白い点状のものは“ゆがみ飲み”と言って乳頭に均一に力が加わっていない飲み方や浅いくわえ方が原因と言われています。先ずは白い点ができない正しい授乳法を覚え乳腺炎の予防をはかりましょう。楽しい授乳ライフをお手伝いいたします。

 

何度も軽い乳腺炎を繰り返し受診せず済んでいる方などお気軽にご相談ください。